自分次第でチャンス到来

コールセンターのアルバイトをしてみたいとおもったら、仕事内容について確認しておきましょう。コールセンター内は、デスクもズラッと並んでいて皆が電話をしているのを想像できますか?ずっと座っているから精神的にも滅入ってしまうのでしょうか?時給も1700円以上と高額に入る部類ですが、なにかデメリットでもあるのかしらと躊躇するとおもいます。

コールセンターのアルバイトは、最初は厳しいと感じるかもしれません。普段から目上の人と話をすることがよくあるという人であれば、意外とスムーズに仕事に慣れることでしょう。コールセンターでアルバイトをしていても、コミュニケーション能力が高ければ、もっと上の座を目指すことができるのがコールセンターの強みともいえるでしょう。

ビジネスキャリアを積むことで身に付いたマナーなど、お客様とのやり取りがメインであるこの職種では、アルバイトでもSVと呼ばれているスーパーバイザー、上級職であるマネージャーになれるチャンスも確実に用意されています。人としての魅力で契約を取れることもあれば、アポイントメントを取り営業にバトンタッチするなど仕事の内容は奥が深いようです。自分の会社の商品を売るための窓口としてコールセンターがありますので、自ずと高時給となるのでしょうか。

コールセンターとは何か

アルバイトを探している時に気がついた、コールセンターとは一体、どのような仕事内容なのでしょうか?服装・髪型自由でピアスもOK!土日は休みで平日は週4日以上などと書かれている求人を多くみますが、その内容は本当なのでしょうか?アルバイトなのにそんなにおいしい話に身を委ねてしまってもいいのでしょうか?

コールセンターの仕事を簡単に言うと、インバウンド業務とアウトバウンド業務とがあります。未経験でも可能で年齢も20歳以上であれば高齢でも家庭の主婦でも務まりますとうたっているのがインバウンド業務であるカスタマーセンターやテクニカルサポート、テレフォンオペレーターです。これらがコールセンターと呼ばれている業務の分類になります

商品を注文してくるお客様の住所などを聞きとり、パソコンに発注オーダーを入力したり、電気機器などの説明が理解できない場合には、電話を頂戴することで、カスタマーセンターが対応する、そんな業務内容はインバウンド(受信)業務になります。

また、こちら側から顧客に対して発信するのが、アウトバウンド(発信)になります。案外多いのが、市場調査を行うテレマーケティング。営業しやすいように電話をかけるのが、テレフォンアポインターという職種になります

コールセンターで働いてみる

アルバイト情報誌やネットでの求人情報を見ていると、仕事の内容で時給に大きな差があるのに気付いたことはありませんか?確かに時給800円くらいから時給1500円まであると、時給に700円も差があることにビックリです!アルバイトはしたいけれども、時給だって高い方がいいに決まっている!でも時給が高いってことは、拘束時間が長いとか、少し高度な業務内容かもしれないけれど、本当にアルバイトでやっていけるのか不安です。

求人情報の中には、居酒屋・コーヒーショップ・コンビニエンスストアなど普段の生活の中で必ず関りのある職種が多く載っていますね。これらの時給は平均的な1000円くらいでしょうか!アルバイトだと1日の働く時間も4時間程度で限られてしまいがちです。

もう少し長い時間、働けるけれどそうすれば時給も高くなるのかな?とおもうでしょう。そのような場合には、日給で探してみるといい条件の仕事が見つかります。といっても肉体労働の部類に入る、倉庫関連の仕事や、コンビニなどで売られているカップデザートなどは、クリスマスやバレンタインデーの時期には日給が10,000円~15,000円になることもありますので、その時期だけこれらのアルバイトをしている人も少なくありません。

でも年間を通して、平均的に高時給を希望しているのであれば、デスクワークは如何でしょうか?デスクとパソコンと電話があればできるコールセンターの業務は時給が高いことでも有名です。